詐欺の疑いを払拭できる様々な根拠

オンラインカジノは手軽に一攫千金を狙える点が魅力ではありますが、懸念すべき材料があるのも事実です。

オンラインカジノはインターネット上、つまりはプログラムされたものを楽しむことになります。
その為、「不正があるのではないか」「結局は詐欺なのではないか」といった気持ちを抱いているユーザーがいるのも分からない話ではありませんが、実際の所はどうなのでしょうか。

オンラインカジノの詐欺・不正の可能性について

オンラインカジノの詐欺・不正の可能性について

プログラムされたものを遊ぶという点に於いて、詐欺や不正を疑う気持ちはよく分かります。
そもそも、プログラムそのものを確認できない以上、「安心です」「詐欺はありません」と言われても説得力がありません。

例えば現実のガチャガチャであれば、中に入っている商品が見えていますので、いずれもらえることが「確定」しています。
その点オンラインカジノの場合、すべてはデータです。プログラムされているものである以上、「証拠」がありません。
それでもオンラインカジノには詐欺や不正の可能性が低いコンテンツと言える理由があるのです。

オンラインカジノに詐欺や不正がないと言える理由

オンラインカジノに於いて詐欺や不正が行われている可能性は極めて低いです。
その理由の一つに、オンラインカジノ業者の多くがオンラインカジノだけを営業しているのではなく、他の事業も手掛けているからです。

元々リゾートホテル経営を行っており、カジノが得意ジャンルだからこそオンラインカジノにも手を出した企業もありますし、地元でレストランカジノで圧倒的なシェアを誇るオンラインカジノもあるなど、決して「インターネット上だけ」で営業している訳ではありません。

仮にですが、詐欺や不正行為を働いていた場合、オンラインカジノ業者としてではなく、経営母体そのものも信頼を損ねることになります。
中には証券市場に上場している企業もあることを考えると、それまで培った信頼感を損ねるようなことをする可能性は低いのではないでしょうか。

ライセンスを取得しているからこそ

ライセンスを取得しているからこそ

オンラインカジノは国・行政から認可を受けて営業している所ばかりです。
決して勝手にプログラムを作って「オンラインカジノやってます」と営業しているのではなく、プログラム等含めて国や行政から審査され、審査に通過することでライセンスを取得し、オンラインカジノを営業しています。

また、そのライセンスは更新制です。
一度取得すれば以降、何をしても問題ないものではなく、何か問題があればライセンスをはく奪されたり更新できなかったりといったことが待っています。
この点に於いても、そこまでしてオンラインカジノで不正を行うのかという素朴な疑問があります。

もしもですが、オンラインカジノで不正や詐欺を行った場合、先に挙げたような社会的な信頼と共に、ライセンスを失うことになるのです。

第三者機関からのチェック

第三者機関からのチェック

オンラインカジノに詐欺や不正がないとする最大の理由は、第三者機関から定期的なチェックを受けている点にあります。
TSTやeCOGRAといった有名な第三者機関に監査を依頼し、「問題なし」とされているオンラインカジノも多々あります。

それらは第三者機関になりますので、オンラインカジノ業界からの忖度を受けることもありません。
不正が見つかれば「不正がある」と報告する団体になりますが、それらの団体から「問題なし」とのお墨付きを得ているオンラインカジノも多々あります。
これらの事実を考えると、オンラインカジノは健全だと考えて良いのではないでしょうか。

時代背景も理由の一つ

少々穿った見方ではありますが、時代背景もまた、オンラインカジノに不正がない理由の一つです。
SNSの登場は、インターネットの楽しみを増やしたと共に、誰もが情報発信が行えるようになりましたし、SNS等からムーブメントが生まれたり、あるいはそれまでとは逆にSNSに起因し、既存のマスメディアが後追いで情報を…というケースもあります。
つまり、もしもオンラインカジノで不正が行われていようものなら、ユーザーが気付くことでしょう。あるいは暴露があるかもしれません。
そして、それらの情報は瞬く間に世界中を駆け巡ることになるでしょう。

かつてであれば、情報発信はメディアしか行えないものでしたので、仮にですが不正があったとしても、一ユーザーレベルではそれを広く伝える手段がありませんでした。
しかし、今の時代は一ユーザーを統制することなどできません。
これはオンラインカジノに限った話ではなく、何かあればすぐに情報が拡散する時代は、不正などリスクにしかなりませんので、オンラインカジノもまた、不正の可能性は低いでしょう。

まとめ

オンラインカジノに対して詐欺や不正を疑う気持ちはよく分かります。
しかしながら、実情を考えると、詐欺や不正で一時的に利益を得たとしても、露呈した際のリスクがあまりにも大きいことが分かります。
それらをトータルで考えると、オンラインカジノは健全に営業されていると考えて良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です