違法性が問われる分岐点

初めてギャンブルをした時に、いきなり大当たりしてしまうビギナーズラックという出来事があります。
まさに、ラッキーハピネスといったところでしょうが、大きな配当金を手にする経験してしまうと、その魅力が後々までの記憶として、抜け出すことができないのではないでしょうか?

違法性が問われる分岐点

仮にそのような状態になってしまったら、ギャンブルに憑りつかれているといえるので、気軽にギャンブルができても、始める前にきちんと賭けるお金の上限を決めておき、プレイする習慣つけておくことが大切です。
それがスムーズにできるようになるのであれば、賭ける楽しみを趣味として持っていても、いいのではないでしょうか。

特にスマートフォンでも、簡単に参加できるオンラインカジノなら、手軽さとアミューズメント性の高さから、もってこいのギャンブルゲームかもしれません。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノは、若い人達が楽しでいるネット型のソーシャルゲームや対戦型ゲームのような感覚でインターネットで参加できるオンライン型ギャンブルです。
端末はパソコンは元より、スマホからのエントリーもできることから、時間や場所を気にすることがなく、自分の空いている時間があれば、その時間を有効的に使うことができます。

プレイできる時間がちょっとでも作れるのなら、
「ちょっとやってみよう。」
と思った時にサクッとスタートさせることができるのです。

もし、ルーレットやバカラ、スロットで負けがエンドレスになりそうな予感がしたなら、すぐに引くことも退場することもできます。
勝っている時は、連勝を伸ばすべく徹底して集中して、勝ちを広いにいきたくなるのが、オンラインギャンブルの良さでもあります。

オンラインカジノで稼ぐこと

オンラインカジノには、色々なゲームがあります。
定番とも言えるルーレットを始め、ブラックジャック、ポーカー、バカラのカードゲーム、スロットが代表的なゲームです。
これらのゲームが、本場カジノと同様にオラインカジノでも用意されており、何十種類もコンテンツがあります。

配当金の額はオッズで決まってきますので、その倍率を考えながら、どんなゲームに賭けるかを選択しながら、配当金を狙っていくのが楽しくなります。
大きな配当金を狙う場合、スロットとバカラに賭けるのが常道。
反面、手堅く稼いでいきたいのなら、ブラックジャックとルーレットが、それぞれの攻略テクニックを駆使して稼いでいく選択肢もあります。

スロットのベット方法は、縦・横・斜ラインの他、2、30通りのラインベットがありますが、MAXベットがおすすめ。
そのうちにジャックポットで、大当りすることもあり、ヒットすると桁違いの配当金となります。
金額にして数百万円~数千万円のレベルです。

こんなギャンブルが、片手1つ、スマホでできるのですから、虜になるのは不思議てはないことです。

オンラインカジノは違法じゃないかと不安にならない?

オンラインカジノは違法じゃないかと不安にならない?

ただし、オンラインカジノの”カジノ”というキーワードが聞こえてくると、
「オンラインカジノは、ヤバいギャンブルじゃない? すごく問題になりそうな予感がするな。」
と思わず尻込みしてしまう人も多いのではないでしょうか?

ギャンブルを趣味としている人なら、ピンと来るでしょうが、日本では法律で認められているのは、公営ギャンブルだけです。
それ以外のギャンブルで賭けてしまうと賭博罪。

しかし、オンラインカジノは、海外カジノサーバーにアクセスしなくてはなりません。
海外サイトにアクセスして賭けるので、賭博罪が適用されないのです。

カジノカフェ

一方で、オンラインカジノに似たようなネット型のギャンブルがあります。
カジノカフェというネットベースのギャンブルです。

オンラインカジノと混同してしまいやすいのは、カジノの専用サーバーが海外に設置されていることです。
サーバーはフィリピン等に多く設置されているですが、ここでギャンブルに参加すると、賭博罪になってしまうパターンがかなり発生しています。
どうしてこんなことになるのでしょう?

カジノカフェの流れ

カジノカフェは、ネットカフェが開催場所となりやすく、店内でお客さんが店のパソコンでオンラインカジノに参加します。

参加する流れとしては、店員に現金を支払いポイント交換。
次にそのポイントを原資にカジノサイトで、スロット、ブラックジャック、 バカラに参加します。
勝ったなら、ポイントが増えて現金交換となります。
ギャンブルに勝てば、利益が生まれますし、負けると損失が発生するのです。
実はこのやり取りが違法となるのです。

店内での現金のやりとりが違法

店内での現金のやりとりが違法

カジノカフェは、現金でポイントを購入し、賭けた後の配当金ポイント形式で還元、再度換金します。
このような形態は日本では、現金のやりとりが行われていることで、完全に違法なギャンブルとして扱われます。

ここでポイントが店側から換金されなければ、単なるゲームで終わるのですが、大きな落とし穴として大きな危険性をはらんでいます。

オンラインカジノでの配当金は?

オンラインカジノでは、チップに替えることなりますが、海外の決済できる専用サイトを介して現金をオンラインカジノ口座に入金します。
カジノの中で使ったお金は、再び決済専門サイト経由で自分の口座に戻る流れになっています。
このことから、参加者とカジノ間は、ダイレクトにお金のやり取りが発生していません。
そのおかげでオンラインカジノは違法とは言えないのです。

とても似ていますが、お金の流れが異なるために、オンラインカジノとカジノカフェは大きく異なるのです。